昔むかし、穀物などを臼(うす)で搗(つ)くことを「搗(か)つ」といいました。勝ち栗とは、干した栗を臼で搗(か)ち、殻と渋皮を取り除いたもの。「搗ち」と「勝ち」にかけて、出陣や勝利の祝いに用いられ、戦国時代より五百年もの間縁起物として活躍してきました。「打ち勝ってよろこぶ」ことから、「打ちあわび」や「昆布」と一緒に「三献の儀式」の一つとして重宝された勝ち栗。出陣前の必勝祈願!ここぞという勝負の時は、この勝ち栗を強い味方に!
 
 

 

縁起物五百年の歴史を持つ「勝ち栗」を、さらに縁起の良い大福で包んだほんだの「勝ち栗大福」! まさに合格を勝ち取りたい大切な受験に欠かせない縁起物の大福です。
 

 
試験の前日に一個。
当日の朝に一個。
試験の後に一個。
三つ食べて満点&合格祈願。

 
 
 

 

勝ち栗大福は、はなれて暮らす、遠くに住んでいるお孫さんにも発送可能です。「勝ち栗」で大切な受験を応援してくださいね!

 
 
 

絵馬に願いを書き込み勝ち栗大福を! 試験の前日に1個。当日の朝に1個。試験の後に1個。3つ食べて合格祈願。 パッケージに願いを書き込み合格祈願できる絵馬がプリントされています。

 
Copyright © Honda Kashi Tsukasa. All Rights Reserved.